脱毛剤とひと言でいっても、様々な種類があります。例えば脱毛テープや脱毛ワックス、脱毛クリームなどです。脱毛剤の選び方は口コミや商品のPRポイント(低刺激性かどうかなど)をよくチェックして、初めて使う製品はパッチテストをして使いましょう。

脱毛剤の種類と特徴

脱毛した美しい足

脱毛剤とひと言でいっても、様々な種類があります。例えば脱毛テープや脱毛ワックス、脱毛クリームなどです。どれもドラッグストアやネットショップなどで手軽に手に入ります。ムダ毛の自己処理の方法として、カミソリや毛抜きだけでなく色々あるということですね。

脱毛剤とはムダ毛を毛根から抜き取ることを目的としたもののこと。カミソリなどでは表面的にしか処理できないので、適切な脱毛剤を使う事でよりきれいになれます。どの方法も、エステや医療機関に行くよりも安価ですし、気軽ですから人気があるのですが、一方で肌荒れやかぶれなどの肌トラブルには充分注意する必要があります。

脱毛ワックスは暖めてから脱毛したい部位に塗り、しばらく放置したら固まるので、ワックスについたムダ毛ごと剥がす、という方法です。毛根から抜く事ができるので、ある程度長持ちするということと、足や腕など広い範囲を一度に処理することが可能です。脱毛テープも同様に、テープにムダ毛を貼付けた状態ではがすというやり方です。これは結構痛いことがあります。何度かやれば慣れるという人と、いつまでたっても慣れないという人がいます。はがす際に皮膚に結構ダメージがあるので、アフターケアはとても大事です。

また脱毛クリームは痛みなしで処理することができ、人気があります。市販のクリームは化学反応によって毛を溶かします。脱毛クリームを脱毛したい部位に塗って、しばらく放置したあと洗い流すか拭き取るかします。おおかたの商品は生えている毛が対象なのですが、毛根まで溶かすタイプも販売されています。


脱毛は自己処理するより、脱毛サロンなどでキレイに安全に処理してもらうのがおすすめです。特に、顔やVIOと言った部位もきになるようなら全身脱毛がおすすめ。月額制の全身脱毛サロンのおすすめはこちらです。

  1. エタラビ(エターナルラビリンス)
  2. 脱毛ラボ
  3. キレイモ(KIREIMO)

脱毛剤の選び方

シャワー

脱毛クリームには表面だけを除毛するタイプと、毛根の奥まで浸透して、分解することで長期間毛が生えてこないようにするタイプとがあります。いずれにせよ、肌の負担はありますので、ずっと使い続けるのはあまりお勧めしません。

お肌に優しい成分で出来ている製品もあります。例えばパイナップルや大豆の成分で出来ている脱毛クリームもあります。パイナップルエキスで毛のタンパク質を分解しながら、大豆に含まれるイソフラボンでお肌をきれいにする、という一石二鳥タイプも。ただ、肌に合う合わないは個人差や体調なども関係します。

まずは使ってみない事には分からないというのが実際ではあります。最初はごく狭い箇所、目立たないところに少し塗って、肌が赤くなったり腫れたりしないかチェックして(つまりパッチテストですね)、慎重に使って下さい。脱毛クリームを使ったあとには、負担をかけてしまった肌をちゃんとケアしてあげたいところです。製品によっては、脱毛後の肌ケアのローションとセットで販売しているものもあるようです。

また、肌の弱い人は、できるだけ低刺激のものを、また、あまりに安価なものは、ニオイがツーンとしたりなど、使い心地が今ひとつ、ということもあるようです。口コミや各商品のPRポイント(どこを重視した製品か、肌への優しさか、効果か等)を充分チェックして選んで下さい。

人気の街の脱毛事情☆
人気の街で、脱毛すれば、ショッピングや食事も楽しめて一石二鳥。というわけで今回紹介するのは、恵比寿。住みたい街でも上位にランクインする恵比寿は、渋谷、広尾、代官山が徒歩圏内。そんな恵比寿のイチオシエステはミュゼ・プラチナム。
【参考ページ】ミュゼ恵比寿|www.d-ebisu.com
美容系のクリニックも充実しています。レヴィーガクリニック、ジュエルクリニック恵比寿院、おさめスキンクリニックなどです。


ページのトップへ戻る
Copyright (C) おすすめの脱毛剤 All Rights Reserved.